今後自分のライフスタイルが変わっても生活に合わせて

小さな個人病院から総合病院まで医療機関はたくさんあり医療事務は正社員、パート、派遣と様々な雇用形態で働けて、今後自分のライフスタイルが変わっても生活に合わせて働く事ができ、転職に役に立つ資格だと思い興味を持ちました。
当時転職するにあたって、今までとは違った仕事の経験を増やし、幅を広げたいと思い、興味のあった医療事務の仕事に就きたいと考え職業安定所で探していました。
そこで、医療事務の職業訓練の受講生を募集していることを知り受ける事に決めました。
一人ではなかなか勉強できない性格なので通信講座より通学で学べる方が自分には合っているし、通う時間が充分に取れたので、受講期間もより早く資格を取ることができる通学がいいと思い通いました。

医療事務のレッスンを受講して感じたメリット、デメリット

メリットは、分からない事はその場ですぐ講師に聞ける事と、同じ講座を受けている方と顔見知りになり、お互いに分からない所を教えあったりできたので途中で投げ出す事なく続けられました。

周りはみんな理解しているのに自分だけ出来ないのは恥ずかしい、という思いから自宅でもちゃんと復習し、確実に理解しながら勉強を進めていきました。
通信講座で学んでいたら生まれなかった感情だったので、通学で通ったことで資格取得まで楽しく勉強する事が出来て良かったと思います。
また医療事務の勉強をする事で今まで知らなかった病院代の仕組みも分かり役に立った事も多かったです。
デメリットは資格取得の為の勉強は、全て電卓で計算し手書きでレセプトを書いていくのですが、今の時代手書きでの計算が求められる医療機関はないのではないかと疑問を持ちました。

将来的に医療事務資格を生かしてどう活動していきたいか

試験合格後は、あまり期間をあけずに早く経験を積みたかったので、資格取得後すぐに病院の医療事務員として働きました。
講座を受ける前の、資格を取って医療事務の仕事に就く、という目標はまず達成できました。
しかし、実際の就職活動を通して感じたのは、資格より経験者を求めている病院が多いというのが現実でした。
なので今後転職する事になった時に、スムーズに就職が決まるよう、ただ資格を持っているだけではなく、資格プラスしっかり経験を積んでいきたいと思います。
また、資格の勉強をしたからこそ医療費の点数の仕組みが分かるので、自分や家族が病院に行く時に休日加算がかかる、など意識するようになり、自然と普段の生活の中で役に立っています。医療事務資格をもっての医療事務は、受付や会計の仕事をして患者さんの治療には関わってないのに「ありがとう」と言ってもらえるのです。

更新履歴